バズるーぷ #1 【あめミー▶︎OLD BROWN OWL】後編

この企画はいわゆる“数珠つなぎ”形式で行われる。

インタビューを受けたアーティストがインタビュアーとなり、話したいアーティストを指名し、対談を通して繋がっていく。
前回、曲に隠された仕掛けやメッセージを初公開するなど、濃い内容となった前編
後編では最新作の制作秘話や今後の活動について語ってもらった。

 

−元々物書きになりたかったんですよ

 

あめミー:曲や作品の中にフックを仕掛けるっていうのは、誰かの影響だったりルーツがあったりするんですか?
岩崎:なんだろ…僕元々短編小説とか好きで。“余白”が多かったり、短編だからこそ「あ、ここで終わるんだ」って思うような締め方もある。そういう意味では、作品を手に取った人に委ねる、という形が好きなのかな。OLD BROWN OWLの音楽も、聴いてくれた人に考える余地があった方が良いのかなって。
三戸部:岩崎は元々物書きになりたかったんですよ。
岩崎:なりたかったっていうかまぁ、小説書きたいって思った時期も、ある、くらい(笑)
三戸部:岩崎のお父さんがよく俳句を書いてきて「聞いてくれ」って(笑)
岩崎:なんか…詩人になりたかった人なんですよ(笑)
あめミー:かっこいい!(笑)
岩崎:俺が恥ずかしいわ!(笑)
三戸部:自分じゃ言わないと思ったから(笑)
あめミー:遺伝ってあるんですねぇ…(笑)

あめミー:結成のキッカケって何だったんですか?
三戸部:岩崎と僕、小学校から一緒なんですけど…。
あめミー:ながっ!!!
三戸部:中2の時に岩崎がバンドを始めたんです。僕はその頃チェロを弾いていて。
あめミー:チェロ?!
三戸部:僕クラシックやってたんですよ(笑)で、岩崎が「俺はロック始める!」ってバンド組んだんですよ。ギターも持ってないのに。
あめミー:えぇっ!!?(笑)
三戸部:「ギター買いに行くから一緒についてきて」って言われて。うちの親父と一緒に買いに行ったんです。僕実家がジャズライブハウスみたいなところで、岩崎がギターの練習をしに来て僕はソファーで寝てる、みたいな感じだったんです。そしたらある日家の倉庫からベースが出てきて、じゃあ僕もやろうかなって。それがバンドを組むキッカケにはなりますかね。
あめミー:たまたまだったんですね!
三戸部:それから組む組む言いながらも時は経ち…。23歳くらいになったんですよね。
あめミー:それまではオリジナル曲作ったりしてたんですか?それともコピー?
三戸部:オリジナル曲が全然できなかったんですよ(笑)
岩崎:1曲だけ作ったんだけど、それ以降納得できるものが中々できず。
三戸部:そのままふわっとしてて。
岩崎:気付いたら23歳くらいになってたね。
三戸部:僕は専門学校通ったしバンドをやるつもりではいて、でも曲がなくて(笑)
岩崎:「やるでしょ?」
三戸部:「やるよ?」
岩崎:っていうやりとりがあるだけだった(笑)
三戸部:そう(笑)で、とりあえずメンバーだけでも集めようか!って話になって。
岩崎:いや、ある程度オリジナル曲の目処が立った頃だよ。
三戸部:目処って言ってもAメロだけとかでしょ(笑)
あめミー:でも自分たちのやりたい音楽の方向性とかは見えてきたって感じなんですね。
三戸部:そうそう。その時に手持ちにあったAメロってのは『星と鏡』のAメロで。とりあえずそれを持ってメンバー探しをしてた。今もあると思うんですけど、ネットの掲示板でバンドメンバー募集するやつ、あれで出会ったのが航平(衣袋)なんです。それでようやくバンドを結成でき…。
岩崎:メンバーが増えるとね、バンドをやらざるを得ないから(笑)
三戸部:実際そういう気持ちはあったかもしれない(笑)
岩崎:幼馴染とやっててもどうしても怠けちゃう。
三戸部:どうしてもね。
衣袋:スタジオの回数だけはいっちょまえみたいな状態だったね(笑)

あめミー:初ライブはいつだったんですか?
岩崎2年前の911日。クレストだったね。
衣袋:音源もないからスタジオで練習録ったやつ持ち込んだんだよね。「クレスト出たいんですけど〜」「初ライブなんですけど〜」って。
三戸部:なんかよく分からないから菓子折り持って行きましたもんその時(笑)
岩崎:それ以降も何回も菓子折り持って行ってて、「それ持ってこなくていいよ(笑)」ってクレストの方に言われてやめたよね(笑)
三戸部:律儀バンドだったよね(笑)


「失踪」って2文字、浮かんでた

 

あめミーすごい話変わっちゃうんですけど…OLD BROWN OWLの他にない強みってなんだと思いますか?
三戸部:よく話すこと!(笑)スタジオでも合わせる時間より話す時間の方が長い。
岩崎:良くないけどねぇ(笑)
衣袋:良くないけど〜、自分たちなりの価値観があるんじゃないかな?たくさん話すことがプラスになってるはずだし。
あめミー:バンドとして大切にしていることって何ですか?
三戸部:岩崎の歌詞の世界観は大切にしてるかな。そこが出来ないと進めなかったりする。岩崎の歌詞が、どうやったら上手く伝わるだろうってところにはこだわってます。それこそ話しながら。

あめミー:制作が滞ってやばい!ってなったことあるんですか?
衣袋:一番やばかったのは最近だよね(笑)
三戸部:一番新しい『Beautiful rumor』のレコーディングですね(笑)
岩崎:あれはほんっとに危なかった…
三戸部:楽器録りはすっごいスムーズに終わったんですよ。スムーズに終わったんですけど、岩崎だけは楽器弾いてる間も上の空なんですよ(笑)何があったんだってくらい上の空で(笑)
岩崎:どこ弾けばいいか分からなくなるくらい(笑)
三戸部:航平が全部指示しながらね(笑)
衣袋:俺が「ここだよ〜」「ここをこう弾くんだよ〜」って(笑)
三戸部:その日は朝から真っ青な顔してて、「歌詞が書けてねぇ」って。ちなみに何%くらい書けたの?って訊いたら、「30%」って。
あめミー:ひぃー!!
三戸部:一回レコーディングを飛ばしてしまって。
衣袋:エンジニアさんが気遣ってくれて。ほんとは8時間で一気に録らなきゃいけないんだけど、それを半分で一回区切って「来週俺空いてるからさ、来週までに書いてきて」って快く言ってくれて。
岩崎:いろんな人に迷惑かけた…。
三戸部:次の週のレコーディングの朝もまだ書けてなかったよね。(笑)
あめミー:その時はどれくらい書けてたんですか?
岩崎:その時は7〜8割くらい。
衣袋:当日書いてたね〜メンバーより朝早く行って。
岩崎:メンバーより早く行って、ボーカル録りのちっちゃいブースにこもって書き上げた。
三戸部:2時間くらい待ったね〜書き上がるの。
あめミー:へぇ〜!
三戸部:ちょうどその前日に僕らが大好きなGRAPEVINEの田中さん(Gt.&Vo.)がデビュー前に失踪したってエピソードを話していたんです。で、自分たちのレコーディング当日の朝、グループラインで岩崎の既読が一向に付かなくて、航平と僕だけ待ち合わせの時間に集まって、「来ないね〜」って話してて。でも失踪した?とは2人とも言わなかったんですよ、怖すぎて(笑)
衣袋2人とも頭によぎってはいたよね絶対。
三戸部:「失踪」って2文字、浮かんでた(笑)
衣袋:岩崎が俺たちより早く来ることなんてないから余計怖くて、「な、ないとは思うけど一応スタジオ確認してみる…?」って恐る恐る入ったんだよね(笑)
三戸部:そうそう!「まぁ遅れて後からくるでしょ〜」ってお互い励まし合いながら行ったんですよ(笑)そしたらエンジニアさんが「岩崎きてるよ〜」って!
岩崎:こもってたボーカルブースが電波届かなくてさ(笑)
衣袋:あれはだいぶ焦ったね〜(笑)


−化けの皮が剥がれたって感じ


あめミー
OLD BROWN OWL
の最近の曲、ゼフィランサスの頃と比べてロックな感じになったというか…。それって何か気持ちの変化があったりしたんですか?


岩崎:変化というか…さっきの話に戻るけど、化けの皮が剥がれたって感じ(笑)元々ね、ポップでキャッチーなものよりはロックの方がやりたかったから…。
衣袋:ゼフィランサスも自分たちの中にあったものの一部なわけだし、他に出した曲たちも自分たちの一部だから、自分たちの中にあるものをアウトプットしてるって意味では前も今も変わらないかな。
あめミー:確かに初めて対バンさせていただいた時と2度目の時ではイメージがガラッと変わってて、色んな引き出しがあるんだなーって思ってました!
岩崎:これからも色々やって戸惑わせるかも(笑)

あめミー:最後に!2020年、どんな1年にしたいですか?
衣袋:勝負の年にしようって話してるよね。
岩崎:大きく動けたら良いなって思ってます。
あめミー:詳しくは言えないにしても、何か準備してるものがあったり?
岩崎:そうですね。色々と!
あめミー:まず、ツアーがありますよね?
衣袋:そうですね。年明けて120日に大阪の福島2nd LINE122日名古屋の新栄APOLLO BASE129日ファイナルで渋谷TSUTAYA O-Crestです。
三戸部:久々に渋谷に帰る!嬉しいです!
岩崎:対バンもすごいことになってるからね。
三戸部:楽しみにしててください!
あめミー:その前には年末イベントですね!年明けすぐの『新春ミミノコロック2020』もご一緒させていただきます!すごく楽しみです!これからも、よろしくお願いします!
岩崎衣袋三戸部:よろしくお願いします!



この記事をきっかけにOLD BROWN OWLに出会ったあめミーリスナー、
反対に、あめミーに出会ったOLD BROWN OWLリスナーがいると思います。
両方を見られるライブもいくつか決まっているので、もし気になったらライブに足を運んでみてください!

2020年、ますます目が離せないOLD BROWN OWL、あめミーの活動を見逃すな!


『Beautiful rumor』release tour
1/20(月)@大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINE

with WELL DONE SABOTAGE / AOI MOMENT …and more‼︎
開場 18:00/開演18:30 
ADV2000円+1D

1/22(水)@名古屋 新栄APOLLO BASE
WELL DONE SABOTAGE / the old kinderbook / もう泣かないもん …and more‼︎
開演18:30/開場19:00
ADV2000円+1D

1/29(水)@渋谷TSUTAYA O-Crest
シルエ / WELL DONE SABOTAGE /TIMIDLION …and more‼︎
開場 18:00/開演18:30
ADV2300円+1D

『Bluemy ALL-STAR Party 2019』
12/29(日)@赤坂 CLUB TENJIKU
Bluemy Entertainment pre.
『Bluemy ALL-STAR Party 2019』
怒りのエルレガーデン / Litone of us / 鳩とスパイス / ヒトリ夜ブランコ / Lie bling
センポクカンポク / 如何にもコペンハーゲン / あめミー / フロント分け男子
開場13:00 開演13:30
前売り2,000円+1D

『新春ミミノコロック 2020』
1/5(日)@吉祥寺SHUFFLE
Alica / ROOM-MATE / she’sq / THE BORERO / アキレスと亀 / あめミー
サニーサニーモンクボーイ / 故に、零れる / 青木まりこ現象
開場 14:00/開演14:30
ADV2000円+1D