バズるーぷ #1 【あめミー▶︎OLD BROWN OWL】前編

この企画はいわゆる“数珠つなぎ”形式で行われる。

インタビューを受けたアーティストがインタビュアーとなり、話したいアーティストを指名し、対談を通して繋がっていく。
以前、私リョッタロの方からインタビューさせていただいたあめミーの希望で、今回はOLD BROWN OWLを迎える。
初公開の制作秘話も交えた貴重なインタビューをどうぞ。


 

−対談を夢にまで見た(笑)−

 

あめミー:私めっちゃ質問考えて来ちゃったんですけど…ただのファンみたいで恥ずかしい(笑)よろしくお願いします!
岩崎衣袋三戸部:よろしくお願いします!

ではまず、自己紹介をお願いします。

あめミー:感情的ロックシンガーとしてやらせてもらってます、あめミーです。いま21歳で、12月で22歳になります!だから年末お会いするときは22のあめミーかな?(笑)

お、じゃあ21あめミー見納めだ〜。今日はよろしくお願いします!

三戸部OLD BROWN OWLのベース、三戸部光です。
衣袋:ギターの衣袋航平です。
岩崎:ボーカルギターの岩崎でーす。

お願いします!
じゃああめミーから質問!の前に、OLD BROWN OWLとあめミーが知り合ったキッカケ訊いても良いですか?

三戸部:最初は渋谷のTSUTAYA O-Crestですよね?
あめミー:クレストです!クレストの20181211日のイベントで初めてお会いして。
三戸部:秋山さんの、あれだよね(笑)
あめミー:そう!秋山さんの生誕祭?で対バンして。その時は私まだ「あめミー」じゃなくて。
三戸部:そっかそうだ!(笑)

ライブもまだアイドル寄りだった時か!
※改名前については前回の記事参照

あめミー:当時はまだアンプも使ってなくて、全然感情的ロックシンガーでもなくて(笑)その時はチラッとお話ししたくらい。その後35日のクレストのイベントで2回目お会いして、その時に「今日は頑張って話そう!」って思ってて(笑)

初対バンの時にOLD BROWN OWL良いなーってなったんだ?

あめミー:そうそう!1回目の後ブッカーさんに「OLD BROWN OWLすごく良くて、また対バンしたい!」って言ったんですよ。そしたらその機会を3月にくれたんですよ。OLD BROWN OWL出るけど、出る?って。即答しましたね。あ、出ます!って(笑)

2回目では話せた?

あめミー:ヒカルさんから「前回見てました〜」「あれからMVも見て〜」って声をかけていただいて。なんとか話せる機会をいただきました(笑)
岩崎:俺たち(岩崎・衣袋)シャイだからね…(笑)

OLD BROWN OWLからしたら、(あめミーが)ガラッと変わったわけじゃないですか。その時の印象はどうだったんですか?

三戸部:そうなんですよ!1番初めに見た時はギターも始めたて?とかで弾き方とかもたどたどしくて(笑)でも2回目に見た時は、3ヶ月しか経ってないのにめちゃめちゃ上手くなってて。歌も上手くなってたし、「凄いなー!頑張ってるのめちゃめちゃ伝わる!」って。僕らももっと頑張ろうって思った(笑)それもあって僕から話しかけたんです。
あめミー:えー嬉しい!(笑)

それから対バンはありました?

あめミー:それからはないですね。だから会うのも3月ぶりで。
三戸部:あ、そっかそうだね。
あめミ:緊張して寝れなかったです(笑)

ファンやん!(笑)

あめミー:夢に見ました(笑)
岩崎:俺らもガチガチ…(笑)

岩崎さん衣袋さんはあめミーと話すのはほぼ初めてくらいですか?

衣袋:ちょーっと話したっけ?
岩崎:うん。でも3月のことだからあんまり憶えてない…
あめミー:打ち上げでガチガチで「あの、良かった、です」くらいにしか(笑)

先ほどもチラッと出ましたが…年末にはウチ(Bluemy Entertainment)企画の年末ライブで久しぶりの対バンですね!ちなみに僕もベース弾きます!

あめミー:勢揃いだ(笑)お誘い受けた時めちゃめちゃ嬉しかったです!本当に楽しみ!
岩崎:緊張するなー、俺らも頑張ろうな(笑)
三戸部:ニンテンドースイッチは貰いたい!

スイッチは僕らもガチで狙いに行くんで!!(笑)
(当日に出演者、スタッフ、お客様全員参加のビンゴ大会を実施し、景品としてニンテンドースイッチを用意しております。)
イベント詳細はこちら

あめミー:やばい全然眼中になかった!でも私みたいな人ほど当たりますよね!当たったらOLD BROWN OWLにプレゼントします!(笑)

Bluemy ALL-STAR Party 2019』はBluemy Entertainmentのイチオシバンドに声をかけていて、その一つにOLD BROWN OWLがいて。僕からも他に誰か誘いたいなって考えた時にまず思い浮かんだのがあめミーだった。バンドと対バンしたいってあめミーは出会った頃から言っていたし、オファー候補にOLD BROWN OWLがいたから、これは誘うしかねえって(笑)

あめミー:本当にありがとうございます!

以前インタビューさせてもらった時も「次のインタビュー誰に繋げたい?」って訊いたらOLD BROWN OWLって即答だったよね。

三戸部:そんなに?!
あめミー:本当に即答しました…(笑)
岩崎:もはや疑っちゃう(笑)


−俺たち媚びてたからね、最初は−


ではそろそろね、あめミーお待ちかねの質問・対談お願いします!

あめミー:はい!じゃあ…バンドの目標ってありますか?
三戸部:んー最近よく話すのは、自分たちの表現したいものをなるべく媚びずにアウトプットしていければいいなって。
岩崎:媚びたからね、最初は。
あめミー:そうなんですか?!私と同じだ!(笑)
岩崎:媚びたっていうかね、嘘ついたわけじゃないけど、聴きやすいようにはした。
三戸部:聴き手のことを結構考えて作ったかなってイメージはありましたね、『ゼフィランサス』の時は。
あめミー:なるほどなるほど。
三戸部:それ以降は、堅苦しくならず末長くみんなで楽しくやっていけたらなーって思ってます。
あめミー:考え方が変わったキッカケってあったんですか?
三戸部:キッカケというか…僕たちよくみんなで話すんですけど、息苦しくというか続かなくなるのが嫌だなって共通の思いがあって、末長くバンドをやっていくには相手・聞き手のことを意識しすぎると辛くなっちゃうんじゃないかなって。

あめミー:そういう話し合いする時って、喧嘩とかしますか?
岩崎:めちゃめちゃするよな俺たち(笑)
あめミー:えーっ!?
三戸部:喧嘩というか言い合いかな。
岩崎:俺たち仲は良いけど、いや仲良いってわざわざ言うことじゃないけども…(笑)
三戸部:意見の食い違いが多いですね。この人はこう言って、別の人が正反対のことを言って、どうしようかーってなると頭捻らせながら一旦持って帰るんですよ。そうして後日みんなで意見持ち寄ったら、真逆のこと言ってた2人が互いに譲歩した結果真逆のこと言ってて「お前が今度はそっちかよ!」って(笑)
あめミー:それ珍しい(笑)仲良いからこその、ですね(笑)
三戸部:話し合うことが多いですね。スタジオとかでも。
衣袋:話し合っちゃうね〜もはや話し合いしかしない(笑)

あめミー:その話し合いのゴールって、誰かが折れるというよりはみんな納得して終わるんですか?
三戸部衣袋:うーん…
岩崎:俺がわがまま言ってみんなが折れる!
あめミー:イメージ通りかもしれない(笑)
三戸部:でも最終的には、折れて乗っかってみたら結構納得、みたいなことも多い。
衣袋:全然あるね〜それ。

あめミー:へぇー!活動のモチベーションを保つ方法ってありますか?私はソロだから、怠けちゃうこともあって…。何かを見て「頑張ろう!」って思えたりしますか?
岩崎:めっちゃベタだけど…(お客さんからの)反応が返ってくると嬉しいね。だけど基本的にはちょっと怠けるくらいの気持ちでやってるかなぁ。他の2人は知らないけど、個人的にね。気負ってもしょうがないしね〜。
衣袋:俺は「今日無理だ!」って日は極力何もやらなかったりする。休みたいときは休んで、ちょっと経ってから制作するとやっぱ「楽しい」って思えるし。
あめミー:私1回怠けちゃうとずーっと怠けちゃうんです。ぺぇ〜って(笑)
衣袋:確かにソロは大変そう(笑)
岩崎:まぁバンドはね、誰かしらは頑張ってるから(笑)
衣袋:ずっと怠けてるわけにはいかないし、制作が上手くいった時が一番火つくから、それに向けて頑張れるかな!

 

−ガッチガチのネタバレになっちゃうんだけど(笑)−

 

あめミー:曲作りってどういう流れでされてますか?
三戸部:基本岩崎が持ってきますね。
岩崎:曲にテーマがあることが多くて、先に決まったテーマから出来ていくかな。
あめミー:『星と鏡』とか知りたいです!が結びつくって自分の中でなくて!
岩崎:あー(笑)そこが結構ミソで…『星と鏡』と同じCDに入ってる『ゼフィランサス』は実は同じテーマがあって。普通に聴いてると全然関係ない曲に聴こえると思うんですけど、別視点から歌ってるだけ、っていう。
あめミー:そうなんですか!?
岩崎CDのジャケットにもトリックじゃないけど、そういうものを入れていて。
三戸部2曲ともテーマが一緒なんだよってのはジャケットや裏ジャケでなるべく分かるように作っていて。まぁ分かりづらいかもだけど(笑)
岩崎:『星と鏡』のDメロにせっかくだからこの手紙をって歌詞があるんですけど、そのせっかくだからって、『ゼフィランサス』のほうにも出ていて。
あめミー:ほう…
三戸部:これ恥ずかしいね(笑)
岩崎:これガッチガチのネタバレになっちゃうんだけど(笑)『ゼフィランサス』の2番で「せっかく」だからって口癖言うけどって歌詞があって。あの2曲って時系列的に『星と鏡』→『ゼフィランサス』なんだけど、『ゼフィランサス』のMV最後に手紙が届くシーンがあって、あれは『星と鏡』で旅をしている人が出した手紙だよっていう。
あめミー:はっ…!いま鳥肌がすごいです!
岩崎:視点が違うっていうのは2人が遠くにいるけど想い合ってるっていう状況をテーマとして掲げていて。それをそのまま「遠くにいるけど想い合ってる」みたいなことを書くと野暮だなって思ったから、じゃあ視点を変えて違うところで生活している2人を、っていう…。
あめミー:そうだったんだ…
岩崎:そうなるとせっかくだからって口癖も親しい間柄だから分かってて、っていうフックもあったりして。他にも色々あるんだけどね。
あめミー:すごいこと訊いちゃった!
岩崎CDもだし配信もそうだと思うんだけど、収録順もこだわってます。MVを撮った『ゼフィランサス』を敢えて2曲目にして『星と鏡』を先に持ってきてて。これも俺のわがまま(笑)
あめミー:良いわがままですよ!こだわり!
岩崎:まだフックは死ぬほどあるんですけど(笑)
あめミー:それってリスナーさんは気付いてるんですか?言われたりとか。
岩崎:言われたことは、ない、よね?
あめミー:えええ!(笑)
岩崎:別に気付かれなくても良いんで本当に(笑)
衣袋:聴いてくれた人の好きな解釈で、好きに聴いてくれたら良いかなって考えてる。
あめミー:知れてただただ嬉しい…(笑)
衣袋:結構言うんだね(笑)
岩崎:どこまで書くかは任せます!まぁ本当にトリックやフックは今言ったものだけじゃないから(笑)



えー、わりとしっかり書かせていただきました(笑)
ここまで読んでくれた方だけの特典ということで!
OLD BROWN OWLの曲を聴く上での楽しみが増したかなって思います。
皆さんなりの解釈で聴いてみてください!

後編に続く!